ハワイのエピソードの二つ目。マンタのシュノーケリングツアーは本当に興味深かった。私はバスにも飛行機にも酔わないが、船だけはちょっと苦手で昔ホウェールワッチング(片道2時間)やパラセーリング(片道1時間)でかなり酔ったことがあるのでこのツアーに参加するときも心配をしていた。でも、ボートに乗るのはほんの5分ほどと言うことで安心していました。確かにボートに乗ったのはほんの5分ほどでボートは停泊しみんな海に入ってシュノーケリングをするのでした、・・・が波がかなりあり、継続的にゆれるのでシュノーケリングをしている間もずっと波の間を上下に揺すぶられるというモーションをくりかえしていると・・・あら・・ら・・ら・・・ちょっといやな予感が・・・マンタに興奮していた間はいいのですが・・だんだん・・・あら・・ら・・ら・・・これは船酔いだわ・・・。ちょっと上がろう・・・とボートにあがったら、どの人もこの人も、みんな結構やばい感じになっていました。私たちご一行は全員酔ってました。

ツアーの全行程は結局1時間半強でしたが、ボートが岸についたころには私たち以外にもかなりの割合でふらふら状態でした。ツアーの中でパンやスープ、温かい飲み物を用意してくれていましたが、何も受け付けず・・・もらえるのに・・もったいな~い・・とか思いながら恨めしそうにボートを降りました。とほほ。