英字新聞を読んでたら、ニューヨークでは有名人(Celebrity)に遭遇することがしばしばあるが、そういうときは舞い上がったり写真を撮ったりせず、素知らぬふりをするのがニューヨーカーの原則だと書いてあった。サインをねだったりしては駄目、見て見ぬふりをするテクニックが要るのだそうな。ちょっと遠くに目をやったりして不自然でない程度に知らん顔をするのが有名人遭遇時の暗黙のルールとあった。

なるほど・・・。ミーハーな私としてはちょっと難しいな~。でも今年1月にハワイから帰国して羽田国際空港で荷物を待っていたら、西田敏行さんが同じフライトで帰ってきていたらしく同様に荷物を待っていた。私は気付かなかったのだが息子がそっと教えてくれた。そのときに息子からさりげなく見ること、凝視をしないこと、さわがないこと・・・と静かに注意されたので、さりげなく見て、他の人の様子を私は注目していました。さすが東京やね。誰一人騒がずみんな、まさにこの英字新聞に書いてあるように振る舞っていました。また、大阪とかだと違うのでしょうが・・・。

私が今まで遭遇したことのある有名人(コンサートや舞台で見たのではなく近くで)・・・。だれだろ・・・。市村正親さん、大杉漣さん、中山エミリさん、本村弁護士、三浦貴大さん、新妻聖子さん、泉見洋平さん、笹本玲奈さん、木村花代さん・・・だんだんちょっとミュージカルマニアックになってきましたが。私の場合は誰に会っても舞い上がってしまう危険性があるので、用心します。