先日の高校生の進研模試のリスニングにTimbuktsuが出題されました。当教室の長文教材にたまたま出ていて、これをつい1~2週間前にやった一人の生徒が「ゆうこせんせい、Timbuktsuが出た~」って喜んでいた。だいぶ前に学習した題材だと忘れてしまっているところですが、本当についこの間やったばかりなのでよく覚えていて全問できたと聞いて嬉しかったです。Timbuktsuという名を聞いたことがある高校生はおそらくそれほどいないと思われるのでたまたま英語教材でタイミング良く触れていたこの生徒はかなりラッキーでした。

常に海外の教材から探しだしてたくさんの長文教材を用意しているため、模試に取り上げられる長文が教材に含まれていることが多々あります。この生徒のようにタイミング良く、まだ記憶に残っている状態で取り上げられるととっても得した気持になります。知識背景というか日本語でも英語でもやはりいろんなジャンルの記事に触れている生徒は長文ではかなり有利です。広く浅くでいいので知識背景を構築することの重要性を感じます。そして私の教材ハンティングの励みになります。