「花子とアン」終わりますね。随分楽しませてもらいました。一度もかかさず見ました。最近の朝ドラはおもしろから、ここんとこ4作くらいずっと見てます。これだけ見てると、もう見るという習慣が出来てるのでよっぽどおもしろくない限り見ると思います。今回のは特に「赤毛のアン」のことだったので随分興味がそそられました。

そしてじゃじゃ~ん、次の朝ドラですが、これまた今からめっちゃ楽しみです。私の楽しみポイントをお教えします。

①まず玉山鉄二さんが好みの俳優さんであること。これはかなり大きい~。あまりメジャーではない俳優さんを起用して後にブレイクというパターンが多いので、今回は異色。(堤さんも外せません)

②アメリカの駆け出しの全く無名の女優さんを起用していること。彼女のカルチャーショックや撮影のこぼれ話などをこれからいろんな取材で聞けるのではないかという別の楽しみがあります。私はNHKが彼女の密着取材みたいな長期ドキュメントを撮ってくれるのを期待しています、まあ、NHKに不利なことは放送しないのであまり意味ないと思いますが。彼女はアメリカでは全く売れてないし活躍もしていないのでアメリカの放送局と比べること自体無理かもしれないけど、突然異国に来てその国の言葉がゼロの状態から演技するという、とんでもなく不自然な状態を長期間続けるという彼女に、私は興味津々です。まあ設定に助けられているとは言えますが(外国から日本に嫁いでくるという)それでもかなりのチャレンジでしょ。NHKがどんな基準で彼女を選んだかとかも、マジ興味がある。少なくても演技力ではないでしょ?大きな熱意を前に出さない、イエスマンである(言うことを素直に聞く)、自分のポリシーを持たない(あるいは表明しない)とかは絶対あると思うんですよ。ふふ・・想像するだけでいくらでも浮かぶわ。楽し~~!

③英語が聞ける。たくさん英語が飛び交うみたいなので、それも楽しみです。

朝からP子さんの顔を見るのはちょっときついけど・・・(この配役どないかならんかったかな~?)

朝から中島みゆきの独特の歌声を聞くのもちょっと辛いけど、

そこは楽しみの方が大きいので我慢する。

・・・というわけで、めっちゃ楽しみな私です~~~。