イギリスでヨーロッパ初のわさび栽培に成功・・・・って記事を英字新聞で読んだ。ちょっと驚いたのはわさび栽培に成功した事よりわさびがwasabiで完全に英語になっていたことだ。ヨーロッパ人ってそんなにわさび好きなん?個人的に私は辛いものが苦手で、人生においてわさび、からし、唐辛子の消費量が人より極端に少ないのでもう一つピントこない。そういえば最近はわさび味のチョコ、ポテチ、その他スナックなど多いなあ。イギリスでの日本食ブームでわさびの需要がよほど増えているみたいです。わさびファームができたことでわさびの利用法はますます多様化するのでしょう。魚料理や肉料理に使うのみならず、チョコレートや(すでに食べたことあるけど)アイスクリームにまで(これはまだない)進出する・・・と書いてある。私はあまりそそられないけど・・。わさび栽培農場がイギリスやスコットランドでますます増える・・・と新聞には予想してありました。そんなにわさび食べない方が健康にはいいと思うんだけど・・・。わさびがそのままwasabiというように多くの日本語がそのまま英語になっていますが、私が留学中に(30年も前だが)一番びっくりしたのがkikko-manでした。耳を疑いました。soy-sauce(ソイソース)でもshouyu(ショーユ)でもなくキッコーマンよ・・・どうよ?