d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_21.JPG

先日亡くなられた舞踏家 島田輝記先生の浅香先生による追悼文が今日の徳島新聞に掲載されてます。去年の研究所55周年記念公演を観に行くことが出来、去年の6月29日の私のブログにも書かせて貰いました。輝記先生とはご縁があり、短い期間でしたがダンスを通して教えていただくことが多く懐かしく思い出されます。何十年も前に英語のミュージカル劇団を立ち上げ徳島初の英語ミュージカルを郷土文化会館で公演しました。劇団員全員が社会人でオリジナル作品を英語でするという画期的かつ無謀な事を行いました。その時にダンスの指導を担当して下さったのが輝記先生です。お金にもならない素人劇団の指導を快く引き受けて下さった事を恩義に感じてました。英語ミュージカルは大成功でしたが、余りにも大変で後ろ盾の全く無い、単なるミュージカル好きの我らは一度きりの公演で解散〜、ちーん。という事になってしまったのですね。そんな事やあんな事も輝記先生と共に懐かしく思い出しました。徳島の文化に大きく貢献された素晴らしい先生です。ありがとうございます。後継者や弟子を沢山育て上げた貴方は偉大です。iPhoneから送信