週末にTSUTAYAでDVD借りてやっと見た。北島サンシャインで上映したのかどうかも知らない。なんか来るのをずっと待ってたら、もうTSUTAYAにあったというお粗末な私。「アルゴ」は12年度・第85回アカデミー賞で7部門にノミネートされ、作品賞、脚色賞、編集賞の3部門を受賞。「リンカーン」や「レミゼ」を押さえて作品賞をとった作品なので、絶対見たかった。良かった見られて。こういう作品になってくるとやはり英語が難しくて、原語だけでは理解できません。しっかり字幕を読みました。

「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」「パール・ハーバー」のベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描くサスペンスドラマ。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリカ大使館を占拠する。52人が人質になるが、混乱の中、6人のアメリカ人が自力で脱出。カナダ大使の自宅に身を潜める。CIAで人質救出を専門とするトニー・メンデスは、6人を安全に国外へ脱出させるため、大胆不敵な作戦を立案。「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、6人をその撮影スタッフに偽装して出国させようとする。

手に汗握るサスペンスやね。政治的・歴史的背景の知識も少しは必要ですね。もちろんアメリカ側から描かれているので、イラン側は反発したのだろうな・・と推測することはできます。映画ファンとしては素晴らしい作品だと思います。個人的には作品賞はいまだに「レミゼ」ですが・・・。今まで見た映画の中のベスト3に入っているのが「グッド・ウィル・ハンティング」なので同じ監督ということでかなり注目していました。皆さん、是非TSUTAYAに行って下さい。高校生諸君は見るべし。