なんか、最近どうなっちゃってるの?っていうくらい英語フィーバーですね。ほんまかいな?って思いました。文部科学省の発表によると「スーパーグローバルハイスクール」(仮称)なるものを指定し世界で活躍できる人材育成に力を入れる高校を重点的に支援するのだそうな。全国で50校、5年間で100校程度の拡大を目指すとある。指定校では英語での討論やプレゼンテーションの機会が多くあり、語学力のみならず教養や論理的思考力を身につけ、外国人とも自然に意見交換出来るようにする・・・。はぁ~。すごく良さそうに響くけど・・・。そんな生徒ばかり作ってみんな外国に流れちゃったらどうするの?とか結局受験が大きなネックになるんだろ~とか考えてしまう。今後文部省が国公私立の高校から希望を募って選考するとあるが・・・全国に50校っていうことは、全国47都道府県としてまんべんなく各県に最低一校は作ってくれるということ・・・?それとも都会に集中するのかな?。なんて聞きたいことは山ほどあるのだが・・・、私の質問に答えてくれるところはどこ~?

安倍首相が発表した戦略にはずいぶん英語教育が盛り込まれているようだが・・・。期待しても良いって事?