おめでたいニュースで世界が沸いてます。未来の王が誕生しました。まあとりあえずキャサリン妃お疲れ様でした。

一連の醜聞で国の大きな批判を受けた王室だったが、改革を行い古い因習にとらわれないイメージを植え付け民衆アピールを一生懸命にしている感があります。

ウィリアム王子の結婚、エリザベス女王即位60周年、に続く3年連続の祝賀ムードだそうな。王室の人気はさらに高まり,経済効果は計り知れないらしい。エリザベス女王って今何歳なんだろうって思ってたら、なんと87歳だって・・・。存命中の退位は無いらしいので・・・どうなるんだろう。長寿のエリザベス女王が100歳とかなったらチャールズ皇太子も高齢になって・・・あれ?なんか勝手に妄想してしまう。王位継承問題にかなり関心を持ち出した私です。今後の動向にちゅうも~く!