英字新聞に「小顔」という表現にコラムが載っていました。小顔という表現は日本人が作り出したようです。1990年代から半ば頃から流行りだしたそうです。最初は全体的なプロポーションが良くて顔が小さくて魅力的に見えるモデルやセレブに対して使われていたそうです。日本人が「あなた小顔ね」というのは誉め言葉なわけですね。それを西洋人に言っても通用しないわけね。日本人はプロポーションが悪いので顔が小さいこと=プロポーションが良い・・・事になり、誉め言葉になるわけです。

たしかに、You have a small face. とか言われても「は~?」ですよね。

美容業界がこれをあおって、顔が小さく見えるとうたった商品やサービスの提供を始めたわけです。結局踊らされているというわけか・・・。