今年の阿波踊りは晴天に恵まれ人出も凄いようですね。まあ、暑すぎるけど~。鳴門の阿波踊りやアスティでの前夜際も入れると6日連続で踊っている娘のいよいよ今日がラストです。が、昨日から過労気味でダウン寸前!桟敷での踊りはもちろん、阿波銀ホール、文化センタ-、アスティなどの本格的な舞台での踊り、はてまたショッピンモール、東新町商店街・・などなど、ほんまどんなに詰め込むんやねん・・・?というほどの過酷なスケジュール。朝から晩まで、総踊りを(いわゆる桟敷でのフィナーレみたいなもの)いれると解散は夜中の12時とか・・・ちょっと隊長に文句言いたくなるような感じです。今回がっつり(アッシーとメッシーだけですが)体験しましたが、彼らの拘束度は半端ありません。こんな事を5年も続けている娘を尊敬をしつつも親としてはちょっと可哀想と思ってしまいます。

伝統文化を保存・伝達するのはもちろん大事だし意義のあることだけど、本当にたくさんの人の熱意と情熱で成り立っているのだと分かります。真夜中に娘を迎えに行って連れて帰るときに、人気の無くなった演舞場の近辺にゴミが山ほどまとめられて積んであります。これだけのゴミをこのようにまとめて積み上げるだけでどれほどの人が関わっているのか、またこのゴミはどのタイミングで(翌朝よな?)回収されて誰が次の日の踊りまでにきれいにしているのかしら・・・とか、まとめてはあっても、そこかしこに散らばっている様々のゴミを道路から掃き集めるのは誰がしてくれているのだろうとか・・・、今まであまり考えなかったことをつくづく考えてしまった。

私の暑き阿波踊りも今日で最終です。あすから上京~!私の夏休み後半戦が早朝から始まります。