d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_20.JPG

見てきました。テーマがテーマだけにかなり重い映画ではありますが、さすが是枝テイスト満載の素晴らしい映画でした。日本アカデミー賞を総なめにするのでしょうね。映画を見る前にノベライズ本を読んでしまっていたので、かなりイメージができあがっていて楽しめるかなあ~と心配でしたが・・・大丈夫でした。「6年間育てた息子は、他人の子でした」というサブタイトル、6年の月日は長くて血よりも濃くて重いということか?遺伝と環境により形成された性格の対比、細かい描写を重ねて、ストーリーは淡々と進んでいく。取り違えが発覚して、子供を交換するか否かの難しい選択を迫られる二組の夫婦の配役は全員素晴らしく文句のつけようがない。私は福山雅治さんのファンでは全くなく、正直演技もうまくないと思っていましたが、この役ははまり役でしょう。どこから撮られても素敵な福山さんですが、画面登場して最初のころの いけすかない、傲慢なエリート会社員役は憎たらしく・・うまいです。

デジカメ写真を見て泣く福山さんの場面、尾野真千子(母親)が子供を膝に抱き電車の中で「どっか行っちゃおうか」の場面は私の号泣ポイントでした。

個人的には6歳とはいえ、もうできあがった人格を持っているのに、子供に状況をきちんと伝えず、子供に選択させていない事が不満だし不自然だと思う。社会問題を取り扱う割には残酷な部分は避けてきれいな話にしてしまっている感がいなめません。二組の家族はこれからシアワセになれるのか?子供の立場を一番に考えて(私は、いないと思う)いるのか・・。

父親の成長を主題においているのだろうが、この父親は今から本当に成長するのか・・・?もともと夫婦の間に問題を抱えてきたことが露呈しているので、この問題は本当につらい事だったがこの夫婦にとっても成長するためには、「すべて相働きて益となる」結果になるのかもしれない。

Like Father,Like Son 英語のタイトルは 「この親にしてこの子あり」・・・血縁の方が強いって意味になるような気がしますが、エンディングは・・・?よな~。