是枝裕和監督の「そして父になる」がスピルバーグ監督率いるドリームワークスがリメイクすると発表された。え~っ、これってカンヌ国際映画祭で審査委員長をしていたスピルバーグ監督のおいしいとこ取り・・?それとも是枝監督が敬愛するスピルバーグ監督の申し入れを二つ返事で飛びついた感じかな~。良いタイミングなのかもしれないね、まだ旬だし。スピルバーグ監督・・・?にいじられたらどうなるんだろう・・・ってちょっと私は怖いけど・・・でも光栄なことなんでしょうね。また楽しみが増えました。やっぱりタイトルは Like Father, Like Son かなあ?米国でリメイクといえば・・と新聞に載っていましたが、「七人の侍」「Shall we Dance?」などがあるそうです。リチャード・ギアがやはり素敵でしたよね。私は「しあわせのハンカチ」のリメイク版も見たことがあります。日本版とはかなりイメージ違ってました。

う~ぅぅん~。リメイクって難しいですよね。日本版をベースに米国らしい、スプルバーグ監督らしい作品が見られるよう期待しています。